無料メール相談 カウンセリング予約

美容外科のプラザ形成外科トップページ > 女性化乳房 > 当院での女性化乳房の診断、治療について:

2021年9月20日女性化乳房

当院での女性化乳房の診断、治療について:

当院では女性化乳房などの症状を訴えて来院された患者さんには、一般の触診などのほか、第3者機関でのMRIによる検査を行います。触診だけでは女性化乳房様の胸の隆起が、乳輪下の腫瘤によるのか、繊維質成分の影響なのか、あるいは脂肪の蓄積によるものか、わからないことがあるからです。MRI検査を行うことで、かなり正確にこれらのことがわかり、しかも放射線科医によって診断をしていただくことが可能です。

MRIの結果が本当の女性化乳房を示しているならば、保険診療の範囲内での治療が可能です。逆に、脂肪組織が多いなどの所見で、偽性女性化乳房と診断された場合、切除術ではなく、脂肪組織の吸引術が適応となり、これは自由診療となります。

次に、保険診療で乳輪下切開により腫瘤を除去する場合でも、当院では周りの脂肪組織も同時にある程度除去することによって、腫瘤を切除した部分との急な段差をなくし、より完全な止血効果を得ることができると考えております。この方法は、アメリカでひろくおこなわれている方法でもあります。

また当院では、女性化乳房の診断のもとに外科的治療を受けた症例では、切除した組織を外部の病理検査に提出しており、病理診断のレポートを患者さんにお渡ししています。

女性化乳房の診断治療には、一人一人の患者様にあわせた科学的なアプローチが必要で、当院では上記のようなプロトコールで診断、治療に臨んでいます。

プラザ形成外科

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-5475-2345


休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分(広尾散歩通り、スターバックス隣り)

無料メール相談 カウンセリング予約


クリニックのご案内infomation

プラザ形成外科

電話番号:03-5475-2345

受付時間:9:30 ~ 18:00
休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:
東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分
広尾散歩通り、スターバックス隣り

くわしくはこちら ››

ドクターのご紹介doctor

クレ カツヒロ・ロバート

院長:クレ カツヒロ・ロバート

アメリカ形成外科専門医
東京女子医大非常勤講師

くわしくはこちら ››
  • お得なキャンペーン
  • 患者さまの声
  • 受付・看護師・医師 募集
  • 提携のご案内
  • アメリカで専門医になる
  • アメリカ臨床留学の相談
  • 営業の方へ
  • ツイッター

ページトップへ

Copyright (C) 2016 プラザ形成外科. All Rights Reserved.

無料メール相談

カウンセリング予約