無料メール相談 カウンセリング予約

美容外科のプラザ形成外科トップページ > 診療科目 > 二重まぶたやしわボトックスなどお顔の施術 > フェイスリフト ・ HIFU(ハイフ),レーザーリフト

This is Japanese website. For English, visit our English website (click here)

顔と首の若返り・リフト

たるんだ皮膚の引き締め、リフトには以下のような方法があります

HIFU(ハイフ) (Ulthera ウルセラ)によるリフティング

手術によらない方法ですが、その中でもより高度のリフティングをご希望の方にはウルセラ (Ulthera)(超音波HIFU ハイフの1機種)機器を用いて、ほほ、額、首、あご下、その他の部位のリフティング、引き締め行うこともをあります。HIFU(ハイフ)という機器は、高密度の強力な超音波を体外より、一定の深さのターゲット(焦点)に照射することのできる機器です。その効果に関しては、治療後2か月くらいかけて、ゆっくりと組織の引き締めが起こります。

ウルセラ(Ulthera)はハイフ(HIFU)の中の1機種ですが、アメリカ製で焦点式超音波機器の中では、アメリカのデータでは一番信頼性が高く、高評価の機器です(FDA認可機器)。

痛みはほとんどありませんが、照射後部分的にすこし赤くなる場合があります(ダウンタイムは少ない方です)。

ウルセラ (Ulthera)は脂肪がやや多めについている、中等度以上のたるみやあご下のくびのたるみにとくに効果があります。また、顔以外では、胸の縦じわ、二の腕、腹部のたるみ(妊娠線)などにも効果があります。

施術回数:通常1回施行して2-3か月後に効果判定します
デメリット、副作用:治療部位に赤い線が出たり、少々腫れたりする場合がありますが、塗り薬で落ち着きます。まれですが、表層やけどを起こすことが可能性としてはあります。

ウルセラ(Ulthera)による引き締め、リフト:治療費5万円より(部分照射の例)

ただいま20%オフ キャンペーン中!

HIFU(ハイフ)Ulthera(ウルセラ)やタイタン(Titan)以外のレーザー治療はこちら
  

タイタン (Titan)によるリフティング

レーザーリフト  
機器によるリフティング、引き締めのなかで、比較的穏やかなエネルギーを用いる米国製の機種です(FDA認可機器)。ウルセラ(Ulthera)とは異なり、ほとんどダウンタイムが起こることなく、徐々に効果が表れていきます。

*写真の説明
機器によるリフト、タイトニング
料金:上段(頬、アゴ下)1回5万円、中段(アゴ下、首)1回3万円、下段(腹部)1回3万円+消費税(各段)
施術回数:通常3回施行して効果判定する
デメリット、副作用:複数回の施術が必要、表層やけどを起こす可能性がまれにある


Titan-XLは、タイタン・シリーズの最新型です。さほどの不快感も伴わずに、リフト効果を発揮します(右写真はCutera社のサイトより)。

これらの症例写真にありますように、まぶたのたるみ、ほほのたるみ、あごから首周りのたるみ、妊娠後のおなかのたるみなど幅広く効果があります。タイタン(Titan)は深いところの引き締め効果があります。

タイタン (Titan)は腫れや赤くなるなどの副作用がほとんどおこらず、治療後すぐに化粧をできます。リフト効果は徐々にあらわれ、2~3回の治療で永続性のある効果を期待できます。治療後すぐにお化粧できます。

タイタン(Titan)によるリフティング:30,000円より(税抜)

HIFU(ハイフ)Ulthera(ウルセラ)やタイタン (Titan)以外のレーザー治療はこちら
  

液状フェイスリフト

液状フェイスリフト (Liquid Facelift)

液状フェイスリフトとはアメリカで近年、ある程度のボリューム効果のあるヒアルロン酸製剤を目の下やホホ上方に注射することで、目の下の「涙の溝」やフラットなホホをふっくらさせ、若返らせる非手術的治療方法です。多くの症例は英語で書かれていますのが、英語でLiquid Faceliftと検索してみると、より詳しい情報が得られるでしょう。

当院ではフランス製のJudedermというヒアルロン酸を用いて、液状フェイスリフトを行っています。

治療費:8万円(税別)より

フェイスリフト

1251-2フェイスリフトは、アメリカでは、誰でも一度は受けてみたいと思う手術の一つで大変な人気があります。術式は、一般には、耳のまわりを切開し、顔の皮膚を広範囲にいちど剥離し、さらに、下層にあるSMASという顔の表情筋の筋膜を部分的に剥離し、そのSMAS層を顔上方、首の後方へ引っ張ることによって、顔全体のたるみを取る方法です。
耳の周りの傷は、ほとんど気にならないほどになります。耳より上の部分は、ヘアライン(髪の毛の生え際より内方)の後ろへ、傷を目立たないようにします。男性の方は、もみあげが移動しないように、デザインを工夫することもあります。

たるんだ皮膚も切除しますが、基本的には、その下のSMASを引っ張る事になります。皮膚の厚い東洋人は、このSMAS層をつりあげないで、皮膚だけつりあげてもあまり効果がみられないケースもあります。ちなみに「ミニフェイスリフト」として呼ばれている方法は、皮膚のみの簡単な剥離でSMAS層が含まれてないか、限定的な手術です。同時にたるんだ首周囲の皮膚もリフトできます。

1251-3
また、鼻唇溝といわれる鼻の横から口にかけての縦長の深いしわは、通常のフェイスリフトでは改善しづらいので、追加の処置(ヒアルロン酸、脂肪注入など)が必要になる場合があります。

1251-4
参考:手術時間3~6時間、回復2~4週間

フェイスリフト:600,000円~(税抜)

フェイスリフト症例写真

フェイスリフト  
  
*写真の説明:
フェイスリフト(左:皮膚のみリフト、右:SMAS、首のフルリフト)
料金:左:日帰り手術60万円+麻酔費10万円+消費税、右:大学病院に入院、120万円+消費税
施術回数:1回
デメリット、副作用:一時的な腫れ、アザ(青あざ)、回復期間が3-6週間かかる、耳周囲の傷跡(のちにあまり気にならなくなる)


  
フェイスリフトを1回すれば、一般に、10~20歳の若返り効果がある言われています。アメリカ人の多くは、フェイスリフトを40~50歳で1回し、その後60~70代でもう1回する人が多いです。
日本ではあまり盛んでない手術の一つですが、大変な効果を期待できます。この手術は、顔面の解剖学に精通してないと、顔面神経損傷の可能性もあり、技術的にやや難しい治療ですので、しっかりと技術をもった医師のもとで手術される事おすすめします。

また近年顔の中央部分を引っ張るミッドフェイスリフトと呼ばれるものが登場し、これは鼻から口の横にかけての深いしわなどを取り除く方法です。

 

手術のやり直しについて

・他医での手術のやり直し、再手術、過去にできた傷の修正、再建の相談を承ります。
・以前の(手術前)の写真がありましたら、なるべくいろいろな角度のものをご持参ください。
・手術の詳細がわかる書類がある場合は持参ください。
再手術に関するお問い合わせはこちら

*フェイスリフトはミニリフトなどの小規模なものは東京都渋谷区広尾院で日帰り手術として行われますが、フルフェイスリフトや一部の患者さんにおいては関連医療機関(大学)に入院の上、手術となることがあります。

プラザ形成外科

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-5475-2345


休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分(広尾散歩通り、スターバックス隣り)

無料メール相談 カウンセリング予約

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

クリニックのご案内infomation

プラザ形成外科

電話番号:03-5475-2345

受付時間:9:30 ~ 18:00
休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:
東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分
広尾散歩通り、スターバックス隣り

くわしくはこちら ››

ドクターのご紹介doctor

クレ カツヒロ・ロバート

院長:クレ カツヒロ・ロバート

アメリカ形成外科専門医
東京女子医大非常勤講師

くわしくはこちら ››
  • お得なキャンペーン
  • 患者さまの声
  • 受付・看護師・医師 募集
  • 提携のご案内
  • アメリカで専門医になる
  • アメリカ臨床留学の相談
  • 営業の方へ
  • ツイッター

ページトップへ

Copyright (C) 2016 プラザ形成外科. All Rights Reserved.

無料メール相談

カウンセリング予約