無料メール相談 カウンセリング予約

美容外科のプラザ形成外科トップページ > ヒアルロン酸注射 > 眉間付近へのヒアルロン酸注射は危険?

2016年10月3日ヒアルロン酸注射

眉間付近へのヒアルロン酸注射は危険?

当院の院長がアメリカから日本へ来て11年。ちょうど今から10年ほど前に、ヒアルロン酸などの美容医療手技に関する講習会に講師として呼ばれて医師の先生方に安全なヒアルロン酸の治療法などを講義しました。その頃すでに、アメリカでは眉間周辺へのヒアルロン酸を含む注入物の注射は危険性が高いという報告がありました。
 
  眉間付近は支配している小さな動脈が少なく、またお互いに側鎖をもって他から血流の供給がないのです(終動脈という)。こういう血管に注入物が入り込むと、周りの組織が死んでしまします(壊死という)。また、眉間周辺の動脈は眼窩(目のくぼみの中)の動静脈とも近い位置に存在しているので、注入物が逆流性に目の動脈に入っていき、失明に至った例も複数例報告されています。
 
  ヒアルロン酸の場合は、まだそれを溶解する酵素剤があるのですが、それ以外の注入物、とくに半永久的に残るタイプのものでは救いようのない場合があります。
 
  同様の問題は、実は眉間部位だけでなく、顔の中心部のどこに注射しても起こる可能性があります。ヒアルロン酸などの皮下注入物の注射に際してはいくつかの技術的重要ポイントがあり、それをマスターしていない施術者の場合、こうしたリスクはさらに高くなります。
 
  一般論として、こうした皮下注入物の治療は専門医(皮膚科、形成外科など)で美容医療に精通している(学会にも出席している)医師がすべきだと考えます。当院で、当該部位への治療の際には患者様へ起こりうる危険性について説明のうえ、施術を行っています。

プラザ形成外科

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-5475-2345


休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分(広尾散歩通り、スターバックス隣り)

無料メール相談 カウンセリング予約


クリニックのご案内infomation

プラザ形成外科

電話番号:03-5475-2345

受付時間:9:30 ~ 18:00
休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:
東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分
広尾散歩通り、スターバックス隣り

くわしくはこちら ››

ドクターのご紹介doctor

クレ カツヒロ・ロバート

院長:クレ カツヒロ・ロバート

アメリカ形成外科専門医
アメリカ形成外科学会正会員

くわしくはこちら ››
  • お得なキャンペーン
  • 患者さまの声
  • 受付・看護師・医師 募集
  • 提携のご案内
  • アメリカで専門医になる
  • アメリカ臨床留学の相談
  • 営業の方へ
  • ツイッターフェイスブック

ページトップへ

Copyright (C) 2016 プラザ形成外科. All Rights Reserved.

無料メール相談

カウンセリング予約