無料メール相談 カウンセリング予約

美容外科のプラザ形成外科トップページ > 豊胸・バストアップ > 豊胸術後のトラブルについて

2017年2月10日豊胸・バストアップ

豊胸術後のトラブルについて

豊胸手術は非常に魅力的なボディラインを作ってくれる素晴らしい手術です。しかし、この手術を受けたのち、何年にもわたって注意しなければならないことがあります。ひとつはカプセル化あるいはカプセル拘縮という状態で、10-15%の割合でおこる豊胸インプラントが固くなる状態です。状態がひどくなると皮膚の上から触るとわかるスジとなったり、見ただけでもわかることがあります。こうした状態が起こると、インプラント(豊胸バッグ)を抜いて、出来上がったカプセルの膜も除去する必要があります。
 
  初めて豊胸手術をした時よりも、より大掛かりな手術となります。一般には病院などに入院して行う治療となります。一方で、豊胸バッグにこびりついたカプセルを除去しないで、バッグの抜去だけで済ませるとなると、簡単な手術ですみますが、カプセルに水がたまったり(水腫という)というまた別の合併症も起こりかねません。
 
  これ以外にも、バッグの破損(破裂)が1個あたり年間1%くらいの確率で起こるとされています。これを察知するのは触診だけでは困難なので、MRIなどの画像診断が必要になってきます。
  
  その他の合併症をいろいろ加えると、豊胸手術をした患者さんの25%くらいが将来、再手術を受ける必要があるといわれています。

プラザ形成外科

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-5475-2345


休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分(広尾散歩通り、スターバックス隣り)

無料メール相談 カウンセリング予約


クリニックのご案内infomation

プラザ形成外科

電話番号:03-5475-2345

受付時間:9:30 ~ 18:00
休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:
東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分
広尾散歩通り、スターバックス隣り

くわしくはこちら ››

ドクターのご紹介doctor

クレ カツヒロ・ロバート

院長:クレ カツヒロ・ロバート

アメリカ形成外科専門医
アメリカ形成外科学会正会員

くわしくはこちら ››
  • お得なキャンペーン
  • 患者さまの声
  • 受付・看護師・医師 募集
  • 提携のご案内
  • アメリカで専門医になる
  • アメリカ臨床留学の相談
  • 営業の方へ
  • ツイッターフェイスブック

ページトップへ

Copyright (C) 2016 プラザ形成外科. All Rights Reserved.

無料メール相談

カウンセリング予約