患者さまの声

患者さまの声

受診された患者様の声をご紹介します。

患者さまの声
友人から聞いて、(在米18年のドクターのいる広尾のクリニックだから)ずいぶん高そうだと思って、おそるおそる行ってみました。
クリニックはこじんまりしていて、雰囲気は落ち着いたカリフォルニアのような感じ。治療費が思ったより全然普通なのに少々驚きました。思ったより敷居の高くないクリニックです。

患者さまの声
うちの主人が外国人なので英語の通じる形成外科ということでインターナショナルクリニックより紹介されていきました。顔のいぼやほくろもきれいに除去してもらい気に入ったので、後日わたしもボトックスを打ってもらいました。ドクターは日本語、英語でボトックスの専門書を書いているので、ボトックスでさまざまな治療ができることも知りました。まゆげの形がいろいろ変えられるなんて知りませんでした。

患者さまの声
(原文は英語)ヨーロッパのある国で鼻の手術をして3ヶ月、変なしこりと鼻先の変形が起こってきました。広尾の外国人専用クリニックへいって、ここを紹介されてきました。ドクターは英語が流暢だし、アメリカの形成外科の専門医なので安心しました。手術をして3ヶ月というのは一番組織が硬くなる時期ということで、とにかく6ヶ月は待つべしということを、論理的に説明していただきました。すぐに治療をしない方がよい、という選択肢があるのだと理解することができました。

患者さまの声
フランス人の友人が顔の切り傷を治してもらったのを聞いていきました。いわゆる日本の美容外科と違って、いろいろな傷の修正もしてもらえるのでセカンドオピニオンを聞きました。ステロイド注射やレーザー治療、その他もオプションも言っていただき、話を聞くだけで安心しました。

患者さまの声
以前からドクターにはオバジのNu-Derm療法を受けていて顔がピンクにつるつるになっています。ドクターのところに通うのは、とくにヒアルロン酸の注射をするときにまったく痛みを感ぜずに施術を受けることができるからです。アメリカ生活の長かったわたしは痛みに弱く、ドクターのようにアメリカ式に顔面にブロック麻酔してから治療してもらって助かっています。

患者さまの声
アメリカでドクターのDST二重まぶたを7年前に受けました。その後日本に戻ってきてまたレーザーなどを考えています。アメリカでこの二重施術を受けた患者さんはわたしの周りにも多くて、何年たっても自然で取れないのがうれしいです。日本ではいろんな意味で大変なこともあるかと思いますが今後ともよろしくお願いします。

患者さまの声
受付の方がいきなり英語で話してきたのでびっくりしましたが、実際外国人の患者さんのほうが多いようなのでまあいいかなと思いました。アメリカ式の美容医療って切ったり張ったりと考えがちですが、ここでは知識は海外のデータも用いるが、施術は日本人にもあったようにアレンジして行っているそうです。

患者さまの声
外国人の友人から聞いてきました。アメリカの形成外科の専門医の資格をもっているのは日本にはここのドクターしかいないということで。形成外科医だけどスキンケアー、レーザーやプチ整形など手術以外のこともいろいろやってくれます。日本にいる外国人だけでなく、日本人にも違った意見がきけていいかなと思いました。治療前のインフォームドコンセントのとり方がしっかりしてます。治療室に入って、治療時に急に料金が変わるなんてことここではないと思います。

患者さまの声
過去にほかのクリニックで何度も手術して、問題がとても複雑になって困っていたときに書店でドクターの本にめぐり合いました。セカンドオピニオンの相談ということでしたが、時間を十分かけて、話を聞いてくれました。これまで受けた治療に対するコメント、これからのオプションについて詳しい話が聞けました。すべての説明に納得はしないけれど、いまの美容医療のレベルでなにができるか教えてもらったことはありがたく思っています。