無料メール相談 カウンセリング予約

美容外科のプラザ形成外科トップページ > 診療科目 > > 二重まぶた・目もと

切らない二重まぶた術

DSTメソッド、スマートメソッド

DST二重まぶた術は、いまから10年以上前に、当院のドクターらが開発した二重まぶた術式で、それまでのいわゆる糸1本の二重まぶたより、はるかに取れにくく、また糸3本の方法のように複雑でなく、再手術時にも間単に糸を抜くことができる方法です。

この二重まぶた術式は、2000年にアメリカ美容外科ジャーナル(Aesthetic Surgery Journal)に、新しい二重まぶた施術と掲載され、ニューヨークやカリフォルニアの新聞でも取り上げられた方法です。この方法は、渋谷区広尾本院で行われます。

DSTメソッド:両側 130,000円(税抜)、片側 65,000円(税抜)

より簡易な二重まぶたの方法(スマートメソッド)もあります。以前からの方法で「埋没法」ともいわれます。 1-2本の糸で行う簡易方式で、DST二重まぶた方式ほど強い固定方法ではありませんが、まぶたの脂肪が厚くない方は、この方法でも十分な固定が期待できます。施術はほとんど無痛、20分程度。

スマートメソッド(埋没法):片目 40,000円(税抜)、両目 80,000円(税抜)

DST3点固定二重まぶたとは

1.とれにくい、結び目が目立ちにくい。
切らない二重まぶたの取れにくさは、結び目の数に比例します。3点固定の二重まぶた術は、糸1本で行う方法より、はるかに取れにくいです。また使用する糸はドクターらがアメリカで使用していたのと同じ、特殊な極細の、やわらかい糸で、十分な強度を持ちながら、結び目が小さい(つまりしこりがでにくい)という特徴があります(特注品)。

2.形が自由に描ける。
糸を1本しか使わない二重まぶたでは、入り口と出口の2穴、つまりその2点間でできる直線だけで線を作ります。したがって、二重の線が直線状になりやすく、またその直線の距離も短いので、内側、外側にまで、きれいに線が出ないことがあります。

3.目頭、目じりがくっきりする。
3点固定の二重まぶたでは、一番内側の固定点と一番外側の固定点の距離が、1点固定の約2倍ありますので、脂肪が多いまぶたや皮膚の厚い場合でも、二重の線がよく出ます。

4.術後すぐにコンタクトレンズができます。
DST二重まぶた方式では、まぶたの内側の表面(眼瞼結膜)下に、糸を完全に埋めてしまいますので、術後すぐにコンタクトレンズをしても、ほとんどの場合、違和感はありません。

5.再手術時に糸が取り出しやすい。
DST方式は、3点固定でも、これまでの方法と異なり、左右の糸がからまって、連続しています(下図)。したがって、仮に将来、糸を取り出したい場合でも、1ヶ所でも糸が見つかれば、すべての糸を取り出すことができます。従来の方法では糸を取るのは困難なことがあります。

当院での再手術(他医で初回を施行)について

できるだけ抜糸をします。他のクリニックで、過去に、埋没法で二重まぶた術を行っている方は、まぶたの中に糸が残っています。何度も施術を受けなおした人では、そうした糸が、何本も埋没していることがあります。わたしたちの経験では、片側に6本入っていたケースもあります。そうした糸を取り除かないで、さらに埋没法で二重まぶた施術をした場合、まぶたの中にひきつれや炎症が起こり、目やにが出やすくなったり、充血したり、かゆみやその他の症状を訴えることが多くなります。したがって、再手術を希望される患者さんは、まず中に入っている糸をできるだけ、すべて取り除く努力をします。
場合によっては、すべての糸を見つけることができないこともありますが、少しでも多くの糸を取り除く努力をします。その上で、新たなデザインをします。

切らない二重まぶた術(DSTメソッド)の実際

まず、あなたのイメージする二重まぶたを選びます(実際には、クリニックでサンプル写真をご覧になるほか、ドクターからあなたのまぶたへ直接シミュレーションを行います)

希望する位置で、二重まぶたのデザインをし、局部麻酔のあと、まぶたを反転し、特殊な糸を、まぶたの内側から中央方向へ縫いこんでいきます。そして、外側に向かって、まぶた内側の(粘膜)すぐ下を這うように進みます。

まぶたの内側に埋もれた糸は、次に、一度まぶたの外側へ出します。

上とおなじ操作を、今度はまぶたの内側方向へ行います。

まぶたを元の状態にもどすと、まぶたの外側の皮膚には、3つの穴があり、中央からは糸が2本、外側、内側の穴からは、それぞれ1本の糸が出ています。

DSTのDはダブルということで、これは糸を2本使う、という意味です。TはTwistつまり「ねじる」と言う意味で、中央の穴から出てきた2本の糸に4-5回ねじります。こうすることによって、中央に最初の結び目ができます。
切らない二重まぶたの強さは、埋没している糸の結び目の数に比例しているといわれており、糸を2本しか使わないシンプルな方法なのに、3つの結び目ができているというのが特徴です。

次に、中央でねじりを加えた糸2本を、それぞれ本来右側から由来した糸は右方向へ、左側のそれは左方向へ、今度は皮膚のすぐ下をはうように、外側の穴に向かって進め、左右の穴から出します。

そして最後に、左右の穴から出てきた2本の糸を結び、皮膚の下へ深く埋没します。これが第2の特徴で、この結果、糸2本しか用いていないのに3つの結び目ができ、しかもその3つの結び目がすべて連結しています。
この3つの結び目、連結ということが、安定性と線のデザインの均一性を生み出します。

切らない二重まぶた術(DSTメソッド)の症例

私たちの経験では、1000例以上にDST二重まぶた術式を行い、ラインが消えてしまうというのは10例以下(5年以上の経過で)で、切開法と互角の成績を残しています。
DST方式は簡単そうに見えて、コツを要する術式で、トレーニングを積んだ外科医でないと、うまくいかない場合があります。

まれに、糸がしこりとなって、まぶたの上から触れることがあります。これは特に皮膚が薄くて、透き通っているような場合に見受けられます。まぶたの上に脂肪がたくさん付いている例では、切開法の方が向いている場合があります。DST方式自体は、非常に張力が強い方法ですので、まぶたのたるみのある60歳以上の患者さんにも使えることが多いですが、非常にまぶたのたるみが進行している場合は、切開して無駄な皮膚を切り取った方がすっきりします。

他には、左右差やデザイン上の不都合で、施術前に患者さんとよく相談して決めることが大切です。医師の説明がよく理解できない場合、施術は受けない方がよいと思います。左右差に関しては、もともと人間の目の開きには左右差があることのほうが多く、これが埋没法などの施術によって強調されることがあります。そうしたこともよく話し合って、シュミレーションをして、納得してから決めるようにしています。

当院の埋没法(スマート、あるいはDSTメソッド)では、まぶたの内側の糸が完全に、結膜という内側の表面の下に埋もれますので、コンタクトレンズを使用される方でも違和感なく行える施術です。まれに術後に「ごろごろ」という感じを持つことがありますが一時的なことが多いです。仮にそうした状態が持続する場合、糸を抜けば元に戻せます。眼球のすぐ近くの施術ですので、資格と経験のある医師の元で行う必要があるでしょう。

*切らないまぶたの施術は東京都渋谷区広尾院あるいは関連大学施設で日帰りで行われます。

二重まぶた(切開法)・目もと

二重まぶた(切開法)

二重まぶたの術式は、一般には切らないDSTという方法(下の方を参照)で十分なのですが、脂肪が非常に多くついている場合やたるみの多い場合、切開法が行われることもあります。
また下まぶたもたるみの多い場合や、つり上げたい場合に、部分切開法で治療を行います。

切開による二重の手術は渋谷区広尾本院か関連大学施設で行います。

二重まぶた(切開法):250,000円~(税抜)

傷跡の目立ちにくい目頭切開

当クリニックの専門医陣が独自開発した特殊な方法(学会誌発表済)を用いた、傷跡の目立ちにくい目頭切開も行っています。

まぶたのたるみ取り、下まぶたの袋、目のリフティング

上まぶたのたるみは、切開しないで「切らない二重」方式で改善する場合もありますが、切開した方がすっきりする場合もあります。下まぶたのたるみも同様に修正できます。

まぶたのたるみ取り:250,000円~300,000円(税抜)

下まぶたの袋(脂肪の袋のようにみえる)は切る方法だけでなく、小切開法でも治療できます。
また目をつり上げたい、若々しく見せたい、そういう場合に、目の外側のリフティングも行っています。

手術のやり直しについて

・他医での手術のやり直し、再手術、過去にできた傷の修正、再建の相談を承ります。
・以前の(手術前)の写真がありましたら、なるべくいろいろな角度のものをご持参ください。
・手術の詳細がわかる書類がある場合は持参ください。
再手術に関するお問い合わせはこちら

まつげの増毛剤

グラッシュビスタ

グラッシュビスタは、アメリカでもともとは緑内障の目薬を使用中に多くの患者さんにみられた「まつげの」増毛現象に由来し、日本での製品はアメリカのそれとは異なり、瞼の色素沈着などが起こりにくい製剤タイプとして「医薬品」として医療機関でのみ販売されています。
使用方法は一日一回まつ毛の生え際に専用のアプリケーターで塗布するだけです。

グラッシュビスタ(両まぶた70日分):1セット 20,000円(税抜)

二重まぶた・目もとのQ&A

まぶたの施術に関する質問集はこちらをご覧ください。

プラザ形成外科

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-5475-2345


休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分(広尾散歩通り、スターバックス隣り)

無料メール相談 カウンセリング予約

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

クリニックのご案内infomation

プラザ形成外科

電話番号:03-5475-2345

受付時間:9:30 ~ 18:00
休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:
東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分
広尾散歩通り、スターバックス隣り

くわしくはこちら ››

ドクターのご紹介doctor

クレ カツヒロ・ロバート

院長:クレ カツヒロ・ロバート

アメリカ形成外科専門医
アメリカ形成外科学会正会員

くわしくはこちら ››
  • お得なキャンペーン
  • 患者さまの声
  • 受付・看護師・医師 募集
  • 提携のご案内
  • アメリカで専門医になる
  • アメリカ臨床留学の相談
  • 営業の方へ
  • ツイッターフェイスブック

ページトップへ

Copyright (C) 2016 プラザ形成外科. All Rights Reserved.

無料メール相談

カウンセリング予約