アメリカ臨床留学の相談

アメリカ臨床留学の相談

アメリカ臨床留学の相談-

当クリニックの外科医はアメリカの大学病院などで臨床研修(レジデンシー)を修了しました。
アメリカでは海外からの医師の臨床留学が非常に困難になっています。臨床科ごとの難易度もことなりますが、外科とくに脳外科や人気の高い形成外科では外国人医師が臨床研修医になるのは通常ほとんど不可能とされています。

当院のスタッフ専門医はアメリカの著名大学の臨床研修プログラムで一般外科、脳外科、形成外科などのレジデンシーを経験しており、形成外科、脳外科においてはその頂点であるチーフレジデントを修了しています。

アメリカで臨床研修をする場合、日本の有名大学を卒業したことなどが通用しません。アメリカの医学部卒業生以外はすべて「外国医学校卒業者」で表現されます。ほとんどの場合あなたの実力だけが頼りになります。

レジデントの選考にあたってはUSMLEの成績も大切ですが、英語のレベル、自分の能力をいかに表現できるかということがキーポイントになります。これには履歴書や自己紹介文の書き方、過去の学術出版の有無、面接での答え方なども含まれます。

当院の専門医はそうした面でいかに準備し、無駄な努力をしないでレジデントに選考されるノウハウを持っています。

将来アメリカで臨床医の研修を考えている医学生、医師のかたに以上のような相談にのります。(無料)

相談は基本的に面接方式となりますが、遠方の場合メールでも可能です。

詳細は履歴書(日本語でも可)を添えてでお問い合わせください。

Eメール info@plazaclinic.net