無料メール相談 カウンセリング予約

美容外科のプラザ形成外科トップページ > 診療科目 > 片頭痛(偏頭痛) > 一般的な頭痛の治療方法

一般的な頭痛の治療方法

片頭痛の患者様のなかには、現在の治療に満足されていない方も多く、処方された薬も効果が不十分な場合もあります。トリプタン(Triptan)という片頭痛によく効くといわれている薬も、痛み以外の症状(光過敏、吐き気)などには効果を示さないことがあります。片頭痛(偏頭痛)の患者さんの3人に1人はひと月に2~3回の発作にみまわれ、4人に1人は毎月4回以上の発作を起こすといわれており、今以上に効果的な治療方法がどうしても望まれるところです。また、慢性的な片頭痛が頻繁に起こる患者さんは、予防治療が必要かもしれません。

現在、そうした予防治療が次のようなガイドラインに沿って行われています。一つは頻繁な頭痛、そして日常生活に影響を及ぼすような頻繁な片頭痛、既存の治療方法、治療薬が無効か副作用がある場合、治療費用に問題がある場合、患者さんの希望、非定型的な症状を伴う場合、などとなっています。ただし現在使われている予防治療はいろいろ副作用のあるものも多く、簡単にだれでも使えるというものではありません。そうした予防薬の中で例えばベータ・ブロッカーといわれる種類の薬は、疲れやすくなる、ぼーっとする、眠くなる、睡眠障害やうつ状態などが副作用として知られています。カルシウム拮抗薬は便秘、むくみ、体重増加などが知られており、3かん系の抗うつ薬ですと眠気、体重増加、口内乾燥、便秘、めまい、動悸、精神混乱、視力障害、などが知られています。抗てんかん薬も予防薬として使われるものがありますが、吐き気、胃腸症状などが知られた副作用としてあります。現在使用されている予防薬は副作用も多く、効果も限られているため、新たな予防治療が望まれています。

筋緊張性頭痛には理学療法や運動療法のほか、筋肉の緊張を緩める薬や重症例では抗うつ剤も用いられることがあります。しかし、副作用が問題となることもあります。

ボトックスによる片頭痛(偏頭痛)治療:20,000円~(税抜)

*当院の医師はアメリカ形成外科専門医であると同時に、アメリカ神経病理学専門医であり、過去にはアメリカの大学病院で脳外科のチーフレジデントも修了しました。頭痛外来はこうしたバックグランドに基づいて併設しております。

ボトックスによる片頭痛治療のページへ行く
ボトックス治療の実際のページに行く
頭痛治療の症例のページに行く
頭痛治療のよくある質問のページに行く
頭痛の原因のページに行く
機序と臨床データのページに行く
歯ぎしり・顎関節症についてのページに行く

プラザ形成外科

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-5475-2345


休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分(広尾散歩通り、スターバックス隣り)

無料メール相談 カウンセリング予約

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

クリニックのご案内infomation

プラザ形成外科

電話番号:03-5475-2345

受付時間:9:30 ~ 18:00
休診日:水曜、日曜、祭日
住所:東京都渋谷区広尾5-5-1-4F
アクセス:
東京メトロ 日比谷線「広尾駅」出口2より1分
広尾散歩通り、スターバックス隣り

くわしくはこちら ››

ドクターのご紹介doctor

クレ カツヒロ・ロバート

院長:クレ カツヒロ・ロバート

アメリカ形成外科専門医
アメリカ形成外科学会正会員

くわしくはこちら ››
  • お得なキャンペーン
  • 患者さまの声
  • 受付・看護師・医師 募集
  • 提携のご案内
  • アメリカで専門医になる
  • アメリカ臨床留学の相談
  • 営業の方へ
  • ツイッターフェイスブック

ページトップへ

Copyright (C) 2016 プラザ形成外科. All Rights Reserved.

無料メール相談

カウンセリング予約