片頭痛(偏頭痛)-原因・ボトックス治療など

予約 お問い合わせ TEL:03-5475-2345
無料メール相談
カウンセリング予約
片頭痛(偏頭痛)治療

ボトックスによる片頭痛治療に対する、アメリカとヨーロッパの見解の違いについて

ボトックスは片頭痛の治療薬として2010年にアメリカで認可され、アメリカ全土で広く治療に使用されています。また一方で、ヨーロッパの一部の国ではその効果に疑問をもつ論文も発表されいます。新しい医療技術や医薬品が使用される際には、その効果に対していろいろな意見が出てくることはよくあります。
わたしどもは、現時点ではアメリカの食品医薬局(FDA)が認可したことをサポートし、片頭痛の患者さんに少しでも多くの選択肢を与えることができればという考えに賛同してこの治療法を紹介しております。

プラザ形成外科の特徴

アメリカ脳外科、形成外科修了医当クリニックの専門医は、形成外科医であると同時に、アメリカで神経病理学および脳神経外科の専門医過程(レジデンシー)を修了した数少ない医師です。過去には、アメリカで多くの脳腫瘍患者や複雑な頭痛の患者のケアーに携わってきた経験があります。ボトックスは、もともとアメリカでは形成外科医のところで、美容目的で治療に用いられることが多かったこともあり、注射自体は形成外科医のほうが慣れています。しかし、形成外科医は、脳外科や神経内科の知識があまりないのが普通です。当クリニックの専門医は、アメリカで神経病理学、脳神経外科と形成外科の専門教育を受けたという、ユニークなバックグランドを持っており、頭痛の解析も治療にも豊富な経験を有しています。
アメリカ脳外科専門医過程、形成外科専門医認定証

ドクター紹介はこちら

頭痛の原因

片頭痛(偏頭痛)の原因は慢性の神経血管性疾患で、全世界人口の数ー15%を占めるといわれています。例えば、米国では2800万人の患者が存在し、女性の方が男性より3倍も多いという統計があります。典型的な例としては、発作が4ー72時間くらい持続し、頭の片方だけに、ズキズキするようなひどい頭痛に、吐き気、嘔吐を伴ったり、ときには音や光によって、さらに憎悪する傾向があります。

詳細はこちら

ボトックスを用いた治療方法

これまでの一般的治療方法についてはこちら

ボトックスによる治療

ボトックスは2010年10月、アメリカFDA(食品医薬品局)より、片頭痛(偏頭痛)の治療薬として正式に認可されました。当院の医師は、アメリカで脳外科および神経病理学の専門医過程を修了した関係上、主にアメリカのデータをベースに述べてあります。 ボトックスを用いた片頭痛(偏頭痛)の治療は20,000円(+消費税)からです。

ボトックスの機序と臨床データ

ボツリヌス菌毒素はClostridium botulinumという細菌が作る毒素です。この細菌は空気のない環境で育つ細菌で、解毒素といって外に毒素を放出していきます。この細菌の毒素にはA,B,C-alpha,C-beta,D,E,F,Gと、タイプの異なる7種類に分けられます。

実際の症例

患者さんA:30代男性。会社経営(個人)。最初はおでこの横じわが気になるとして来院。1回目のボトックス治療で長年持っていた頭痛がなくなったと報告。以後はしわのためというより、頭痛の治療のためにボトックスを使用しています。

治療の実例

前にも述べましたが、まず患者さんの頭痛がいわゆる症候性のものではないことが条件となります。症候性というのは原因がはっきりしている頭痛で、脳腫瘍、出血、感染症、炎症などによるものにはボトックスは使えません。
無料メール相談
カウンセリング予約