Archive for 1月, 2018

タミータックと複合手技

月曜日, 1月 15th, 2018

タミータックという手術は、産後や肥満からの極端な体重減少に伴ってみられる腹部の皮膚および皮下組織のたるみを修正する手術で、比較的大掛かりな施術なので、病院に入院しておこなう治療となります。

   このタミータックという手術と同時に、腹部の脂肪吸引をしたり、乳房の下垂を修正したりする手術を希望されるかたが時々いらっしゃいます。しかし、当院ではそうした2つ以上の手術を一緒に行うこと(複合手術)は勧めておりません。その理由は、合併症のリスクが高まるからです。

   タミータックと脂肪吸引を同時に行うと、腹壁の組織の壊死が起こりやすいことがアメリカでは多々報告されています。また、タミータックと乳房の手術を一緒に行うと、手術時間も長くなり、深部静脈血栓を起こす率が高くなるのに加え、タミータックの部位にも皮下に水がたまったり(水腫)、傷の治りが悪かったりすることが多くなるといわれています。

  こうしたいくつかの手術をご希望の場合には、安全のために、それぞれの手術から回復する期間を経て、次の手術を考えるように勧めています。

腹部の脂肪吸引について

土曜日, 1月 6th, 2018

当院の院長は長年にわたって、アメリカそして日本で多くの患者さんの脂肪吸引を行ってきました。脂肪吸引はアメリカではすでに効果的で、確立した美容医療技術ではありますが、皮膚表面の凸凹といった程度の軽い合併症から、脂肪塞栓、腹部穿孔や死亡といった重篤な合併症まで報告があります。当院では、そうした重篤な合併症の経験はございませんが、残念ながらごく最近も日本でそうした事案がありました。
 
私どもは長年にわたってどうしたら安全で効果的な脂肪吸引が行えるかということを、学会での招待講演や論文で繰り返し説明してきましたが、残念ながら、どの学会にも属していない、自称「美容外科医」がまだ多く存在する日本では、場合によっては危険極まりない施術となりかねないともいえます。
 
まず脂肪吸引にあたっては、綿密なカウンセリングが不可欠です。飲んでいるサプリや内服薬によっては出血しやすい場合があり、「休薬」してからでないと、安全な脂肪吸引ができないこともあります。また、術前の検査の中で、特に腹部の脂肪吸引の場合、臍のヘルニアがないか、過去の腹部手術の瘢痕がないかを見極める必要があります。小さな臍ヘルニアは専門医でも見つけることが困難なことがあります。当院ではより安全性を高めるために、臍周囲からは穴をあけないようにしています。
 
次に施術の際に、技術的な問題ですが、右利きの医師の場合、左手の使い方が重要になってきます。カニューレという脂肪吸引の器具の先端がどこに向かっているのか、左手で確認しながら、施術を行う必要があります。
 
最後に、吸引に使った穴はすべて閉じ、圧迫固定します。また、術後は日帰り手術の場合、必ず付き添いに翌日まで様子を見てもらうことにしています。それが不可能な方の場合、大学病院で入院して行うことになります。
 
以上のようなガイドラインを守れば、脂肪吸引はお腹の施術であっても、安全で効果的なものとなります。費用もレーザーや超音波を用いた痩身術と比べても決して高くないと思います。

しわとボトックス

金曜日, 1月 5th, 2018

シワの治療にボツリヌス菌毒素製剤(ボトックス注射など)が使われているのは、多くの方もご存知かと思います。アメリカではシワ以外の治療にも幅広く使われていますが、日本では主に眉間やおでこ、それに脇の多汗症に使用されていると思います。
 
ボトックスは以前より、眼輪筋がぴくぴくとなる状態に対して日米で使われていたのですが、アメリカでは顔の上半分のさまざまな表情ジワに使われるようになり、その後、えらの筋肉(顔を細くする)、顎関節症、多汗症(脇や手足)、など用途が広がってきました。
 
ボトックスの副作用や、作用機序の詳細は当院のホームページに詳しく記載がありますので、そちらをご覧いただきたいのですが、重篤な副作用は稀で、代表的なものとしては眉間のシワに接種時にまぶたが開きにくくなる(眼瞼下垂)ことが当院では0.5%以下にみられます。また、妊娠、授乳中やこれから妊娠される予定の方も治療できません。
 
クリニックですぐに簡単にできるシワの治療で、値段が比較的お手頃なので(3万円から)多くの患者さんがこの治療を受けられています。当院では片頭痛の患者さんもボトックス治療をよく受けられています(2万円より)。

二重まぶたの施術について

木曜日, 1月 4th, 2018

二重まぶたの方法は大まかに、埋没法、切開法とわかれます。その中でも、当院ではより取れにくいDSTという特殊な3点固定法をよく行っています。詳細は当ホームページをご覧いただきたいと思いますが、当院の院長はこの方法で、都内で開業する以前より(米国での経験)20年以上にわたって多くのアジア系の方々のみならず、最近では白人患者様にもまぶたのたるみ取りの非切開法としてときどき施術しております。
 
一重まぶたでも魅力的な方はたくさんいますので、誰にでも勧めているわけではありませんが、埋没法は安全で、効果的に目の開きを大きくする方法ではあります。アイプチを使われた方はご存知かと思いますが、ちょっとしたまぶたの変化で目の開きが違って見えます。当院のDST埋没法では都内のみならず、海外からも多くの患者さんが施術を受けに来ていらっしゃいます。
 
一方で、上まぶたの脂肪が多くついている場合や加齢によりまぶたのたるみが顕著な場合、切開法により、余分な皮膚や瞼の脂肪を除去した方がすっきりした感じになることもあります。そういう場合には最初から切開法をお勧めします。
 
現在、当院のオフィスは東京にしかございませんが、多くの方が遠方よりいらしていますの。2日間くらいの滞在でも安全にできる施術ですので、ぜひご相談ください。