Archive for the ‘片頭痛(偏頭痛)’ Category

ボトックスを用いた片頭痛治療に関して

月曜日, 9月 4th, 2017

ボツリヌス菌毒素製材(ボトックスなど)を用いた片頭痛の治療に関してですが、欧米では保険治療の対象となっており、MRIなどで異常のない患者さんで、神経内科などの頭痛専門家によって確定診断された方々が現在ではほとんどすべての専門医療機関で安心して治療を受けられています。
 
日本では、保険治療としては未認可ですので、医師の判断、裁量に任されているのが現状ですが、当院のガイドラインも欧米のものと同様のものとなっています。ただし、軽度の片頭痛で局所的な治療が望まれる場合には試験的に、部分治療も行っていますので、ご相談ください。その際の治療費は2万円からとなっています。

片頭痛の治療に関して

月曜日, 3月 6th, 2017

当院では片頭痛の治療をボツリヌス毒素製材(ボトックス)で行っています。この治療はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどの西側諸国の政府機関で承認された治療方法です。治療に先立って、いくつかの基準に適合しているかチェックさせていただいております。
 
まず、神経内科や脳外科などの医師によって片頭痛などの頭痛の診断をうけていること。それからできれば過去にCTやMRIなどの画像診断を受け、異常がないことの確認がとれること、などです。
 
初診時には、これまでの治療経過と内服薬のリストを記載したものをご持参いただけると手続きがスムーズになります。

片頭痛とアルコールは関係ありますか?

日曜日, 7月 31st, 2016

アルコールは頭痛によくないことが知られていますが、種類と飲む量を少しずつ試してみて、自分に適したお酒の種類と量を知ってください。

片頭痛と喫煙は関係ありますか?

土曜日, 7月 30th, 2016

喫煙が誘因となり頭痛の発作が起こるケースは少なくありません。
煙が刺激して発作が起きたり症状がひどくなるケースがあります。
発作が起きている最中であれば吸ってはいけません。
頭痛と喫煙の因果関係は医学的に解明されていませんが、止めたほうがよいと思います。

片頭痛は大人になってから発症するものですか?

金曜日, 7月 29th, 2016

子供にも頭痛はあります。その代表的なものは、片頭痛と緊張型頭痛です。
子供と大人ではその症状や治療方法が少し異なります。

チーズを食べると痛みが増すと聞きましたが、本当でしょうか?

木曜日, 7月 28th, 2016

チーズやチョコレートを食べると頭痛が起こるような気がする場合は試しに1ヵ月くらい食べずにいて、その期間に頭痛が減るかどうか、また少し食べてみて起こるかどうか観察してみましょう。
日記をつけてみるのもよいです。1ヶ月くらいさかのぼって、どういうものを食べた日に頭痛がよく起こるか、自分なりに解析することで、関連を見つけられる時もあります。

片頭痛は若い女性に多いと聞きましたが、本当でしょうか?

水曜日, 7月 27th, 2016

片頭痛患者の10人のうち8人くらいが女性で、母親から娘へと遺伝していく例が大半です。
よくはわかっていませんが、女性ホルモンが影響しているのではないかといわれています。
月経時やその前後に頭痛がひどくなり、妊娠すると頭痛が起こらなくなったという例もあります。
男性にも片頭痛は発症しますが、緊張型頭痛と診断されてしまうことがままあります。

片頭痛(頭痛)は遺伝しますか?

火曜日, 7月 26th, 2016

片頭痛は遺伝が関係します。
とくに前兆のあるタイプは、母親が片頭痛である場合、子供が片頭痛になる確率が半数以上にものぼるといわれます。
前兆とは、頭痛が起きる前に「光がチカチカする」「手がしびれる」「言葉がうまく発音できない」といった症状で、、「だるい」「疲れる」等というのは予兆と呼ばれ、前兆とは区別しています。
また、遺伝とは別に、ある家族が頭痛になりやすい生活環境で暮らしているうちに何人かが頭痛持ちになっていく場合もあります。
この場合には食事や生活習慣を変えることで改善できます。遺伝だけでなく、生活習慣や環境も影響を与えます。

生理前になると頭痛が激しくなりますが、生理と頭痛は関係あるのでしょうか?

月曜日, 7月 25th, 2016

生理が近づくと、エストロゲンという女性ホルモンが急激に減少し、それが頭痛を起こすことがあります。
エストロゲンは生理前に上昇、減少という変動をきたします。
このホルモンの変化が脳を興奮状態にし、血管拡張物質が三叉神経から放出されます。その結果血管が拡張し、炎症に類似した状態がおこり、これが頭痛の原因になります。
またエストロゲンの変化とセロトニンの減少の関連性も言われております。

最近、頭痛の痛みが激しく、脳内に問題があるのではないかと心配なのですが、これも頭痛外来で診察できますか?

日曜日, 7月 24th, 2016

いわゆる頭痛の中には、脳や脳内の血管に異常があって激しい痛みを示すものもあります。
したがって、市販の頭痛薬で治療できない程度の痛みが続く場合、いちど脳神経外科や神経内科で詳しい検査を受けられることをお勧めします。
検査の結果、器質的な原因がないと分かった場合、薬物療法を受けることができます。