首イボのラジオ波による治療

首にできる小さな茶色い点々や突起物の多くは、軟性繊維腫(soft fibroma)、アクロコルドン(acrochordon)、スキンタッグ(skin tug)、あるいは脂漏性角化症(seborrheic keratosis)と呼ばれるもので非感染性のものがほとんどです。ネックレスや衣服の刺激によって悪化する場合もありますが、中年以降に見られるものの多くは皮膚の加齢現象によるものです。
  
当院での治療は、アメリカで一般的に用いられているラジオ波という機器を用いて、こうした皮膚病変を根こそぎ除去します。ラジオ波は他の方法と比べて治療の跡が目立ちにくく、回復も速やかです。1個ずつの病変に局所麻酔をしてから除去しますので、痛みもありません。
  
治療費は1個5千円からですが、個数の多い場合は割引制度があります。

Leave a Reply